「うちみる」とは

 
「うちみる」は青森県南部町でひっそりと、それでいてせわしなく佇む、持続可能&自給自足的生活プロジェクトです。3人の家族が力を合わせて日々奮闘しています。
2009年から田村余一(現・うちみる旦那)がセコセコと小屋を廃材だけでセルフビルド、畑の開墾を始めた「yamaanPROJECT」(ヤマーンプロジェクト)でしたが、2016年に伴侶ゆに(現・うちみる嫁)と出会い、プロジェクト名を「うちみる」に変更しました。
家族でその都度相談しながら、主に旦那はインフラ環境や廃材建築、嫁は自然/有機栽培の畑やマクロビ的料理を担当。その生活で得た知識やスキルを伝える「自給自足講座」や「ワークショップ」も随時おこなっています。
うちみるのロゴは、石臼と家をモチーフにしたもので、家族(ウチ)の時間をゆっくりと力強く挽いて(ミルして)いこうという意味を込めてみました。どうぞ、その様子をミテやってくださいませ。講座受講、ワークショップ体験、イベント参加などお待ちしております。

住まい
木材は一本も買わず、廃材活用で独学建築した15坪ほどのおウチに住んでいます。薪ストーブ・囲炉裏、ロケットストーブがあります。現在、35坪ほどの新居を建築中です。(もちろん木はすべて廃材です!)


わが家は、
低コスト+低負荷。
自己完結&循環型。

食べもの
無農薬・無化学肥料の自然/有機栽培で作った在来/固定種の野菜をメインに育てています。飯米、食肉も自然のまま自給できるよう徐々にシフト中です。
着るもの
体に優しい素材や古着をメインに機能性重視で着ています。古き良き時代の藍染の野良着は特にお気に入り。うちみる嫁は着物が大好きです。
エネルギー
電気は太陽光パネル、水は湧水、火は薪。電気・ガス・水道を契約しない暮らし。通信回線のみ契約しています。
排泄物を大地に還す、少々ワイルドなコンポストトイレです。微生物や虫たちの力を借りて、排泄物は時間をかけていずれ土の肥やしになっていきます。

個人サイト

2020年8月開始!

「今月のうちみる」動画配信!

東日本大震災津波遺児チャリティtovo配信番組「ちんとぼ」さんの企画に微力ながら関わらせていただいております。(「今月のうちみる」は番組内にインサートされております)月イチ配信、2021年6月までの全11回を予定しています。毎月の「ちんとぼ」公開から1週間後くらいに、再編集したロングバージョンをうちみるのYoutubeチャンネルで配信していきます。

Aug.2020

Sep.2020

Oct.2020

Nov.2020

Dec.2020

Jan.2021

Feb.2021

 Mar.2021

Apr.2021

 May.2021

Jun.2021

 

Others